Skype for Businessのインストールについて | 実施までの流れ | 中学・高校での英語スピーキング指導ならベネッセOST
CEFR×指導要領
「話す力」から4技能を育成する

Online Speaking Training

Home実施までの流れSkype for Businessのインストールについて

Skype for Businessのインストールについて

Windowsの場合

Skype for Businessをインストールするにあたり、既存のOffice 製品とインストールを行うSkype for Business のインストール形式が一致していない場合、想定しない動作が起きる可能性がございます。
ご利用端末にすでにインストールされている Office 製品のバージョンやインストール形式を適切に組み合わせる必要があるため、以下の方法でご確認ください。

[スタート] > [コンピューター] > [(C:)ドライブ] より、ご確認ください。
exeファイルが入っているフォルダーの場所によって、ご利用のインストール形式がわかります。

Office 2013 の場合 : C:\Program Files\Microsoft Office 15\root\office15
Office 2016 の場合 : C:\Program Files\Microsoft Office 16\root\office16
にexe ファイルが入っている場合

C2Rインストール

既存のOffice製品が2016 C2R形式の場合

Skype for Business 2016をC2R形式にてインストールをお願いいたします。
以下URLを実行するとexeファイルのダウンロードが開始します。
32bit版/64bit版はお客様環境に合わせてご選択ください。

Skype for Business 2016 Basic 日本語 32 bit 版

Skype for Business 2016 Basic 日本語 64 bit 版

既存のOffice製品が2013 C2R形式の場合

Skype for Business 2015をC2R形式にてインストールをお願いいたします。
以下URLを実行するとexeファイルのダウンロードが開始します。
32bit版/64bit版はお客様環境に合わせてご選択ください。

Skype for Business 2015 Basic 日本語 32 bit 版

Skype for Business 2015 Basic 日本語 64 bit 版

exeファイルのダウンロードが完了した後、[実行] を選びます。
Office インストーラーが起動し、Office をインストールしていることを示すメッセージが表示されます。ただし、Skype for Business のみがインストールされます。Office のすべてがインストールされるわけではありません。
Office インストーラーが終了すると、Office がコンピューターにインストールされたことを示すメッセージが表示されます。

Office 2013 の場合 : C:\Program Files\Microsoft Office\root\office15
Office 2016 の場合 : C:\Program Files\Microsoft Office\root\office16
にexe ファイルが入っている場合

MSIインストール

既存のOffice製品が2016 MSI形式の場合

Skype for Business 2016 ダウンロードセンターからダウンロードをお願いいたします。

Microsoft Skype for Business Basic

上記 URL より [ダウンロード] をクリックいただいた場合、以下項目が表示されますので、お客様環境に合わせたビット数を選択しダウンロードいただきますようお願いいたします。

  • lyncentry_4417-1000_x64_ja-jp.exe (64 bit版)
  • lyncentry_4417-1000_x86_ja-jp.exe (32 bit版)

既存のOffice製品が2013もしくは2010 MSI形式の場合

下記のダウンロードセンターから Lync Basic 2013 をインストールしていただき、更新プログラムの適用にて Skype for Business 2015 へ更新をお願いいたします。

1.Lync Basic 2013 の MSI 形式でインストールする。

Microsoft Lync Basic 2013 (32 bit 版)

Microsoft Lync Basic 2013 (64 bit 版)

※ ご利用の環境に合わせてご選択ください。

2.Lync Basic 2013 の更新プログラムを適用する

Windows Update を行っていただきますと更新プログラムが適用されます。
更新プログラム適用時、通常は再起動を要求されませんが、環境によっては再起動を要求される場合がございます。その場合は再起動していただくようお願いいたします。

※ 手動の場合は以下の順で適用をお願いいたします。

※ ご利用の環境に合わせてご選択ください。

※ ご利用の環境に合わせてご選択ください。

3.Lync Basic 2013 から Skype for Business へ更新する

上記手順後、インストールを行っていただきますようお願いいたします。

Skype for Business 2015 (KB3118348) 32bit版のセキュリティ更新プログラム

Skype for Business 2015 (KB3118348) 64bit版のセキュリティ更新プログラム

※ ご利用の環境に合わせてご選択ください。

4.Skype for Business クライアントを最新の状態にする

正常に Skype for Business クライアントに更新されましたら、Windows Update を実行いただくことで、最新バージョンの Skype for Business クライアントをご利用いただくことが可能となります。

Office2010以前の場合

MSIインストール

既存のOffice製品が2016 MSI形式の場合

Skype for Business 2016 ダウンロードセンターからダウンロードをお願いいたします。

Microsoft Skype for Business Basic

上記 URL より [ダウンロード] をクリックいただいた場合、以下項目が表示されますので、お客様環境に合わせたビット数を選択しダウンロードいただきますようお願いいたします。

  • lyncentry_4417-1000_x64_ja-jp.exe (64 bit版)
  • lyncentry_4417-1000_x86_ja-jp.exe (32 bit版)

既存のOffice製品が2013もしくは2010 MSI形式の場合

下記のダウンロードセンターから Lync Basic 2013 をインストールしていただき、更新プログラムの適用にて Skype for Business 2015 へ更新をお願いいたします。

1.Lync Basic 2013 の MSI 形式でインストールする。

Microsoft Lync Basic 2013 (32 bit 版)

Microsoft Lync Basic 2013 (64 bit 版)

※ ご利用の環境に合わせてご選択ください。

2.Lync Basic 2013 の更新プログラムを適用する

Windows Update を行っていただきますと更新プログラムが適用されます。
更新プログラム適用時、通常は再起動を要求されませんが、環境によっては再起動を要求される場合がございます。その場合は再起動していただくようお願いいたします。

※ 手動の場合は以下の順で適用をお願いいたします。

※ ご利用の環境に合わせてご選択ください。

※ ご利用の環境に合わせてご選択ください。

3.Lync Basic 2013 から Skype for Business へ更新する

上記手順後、インストールを行っていただきますようお願いいたします。

Skype for Business 2015 (KB3118348) 32bit版のセキュリティ更新プログラム

Skype for Business 2015 (KB3118348) 64bit版のセキュリティ更新プログラム

※ ご利用の環境に合わせてご選択ください。

4.Skype for Business クライアントを最新の状態にする

正常に Skype for Business クライアントに更新されましたら、Windows Update を実行いただくことで、最新バージョンの Skype for Business クライアントをご利用いただくことが可能となります。

Officeがインストールされていない場合

どの方法でインストールしていただいても問題ありません。

Androidタブレットの場合

「Google Play ストア」に移動し、Skype for Business を探してインストールします。

iOSタブレットの場合

「App Store」に移動し、Skype for Business を探してインストールします。

ネットワークポート要件について

ファイアウォールまたはプロキシサーバを使用してインターネット接続を保護している場合は、Microsoft Online Servicesで使用されているポートの通信を許可する必要があります。

必須
TCP 443
許可を推奨
UDP 3478-3481
任意
TCP/UDP 50,000-59,999

まずは体験受講をしてみませんか?

Benesseの「Online Speaking Training(オンライン・スピーキング・トレーニング)」は、
中学・高校の教育現場向けに特別に開発されたオンラインの英語スピーキング対策講座です。
まずは無料の体験受講をご検討ください。

体験受講の申し込み