CEFR×指導要領
「話す力」から4技能を育成する

Online Speaking Training

Homeプログラム紹介サンプルテキストダウンロード

サンプルテキストダウンロード

学校で使用されている教科書や学習教材を
ベースに開発したオリジナルテキスト

スピーキングトレーニングコースのテキストは、中学・高校の教育現場で実際に使用されている教科書や学習教材をベースに開発したオリジナルテキストです。
なお、スピーキングトレーニングコースでは、オンラインテキストを基本としておりますが、紙テキストをご希望の場合は、Beginner/Basic/Intermediate/Advanced プログラムのみ、有料にて冊子形式でお届けすることも可能です。

スピーキングトレーニングコース

CEFRレベルA1未満
〜A1

Beginner

会話に慣れることから始まり、挨拶や自己紹介などについて基礎的な語彙や文法、表現を使って簡単な意見交換を行います。

ダウンロード
クリックで拡大

CEFRレベルA1

Basic

趣味・学校生活・部活動などの身近なトピックについて、日常生活の簡単な事実描写や意見交換を行います。

ダウンロード
クリックで拡大

CEFRレベルA1
〜A2

Intermediate

身近な話題を中心に、ある程度多様な状況に応じて、基本的な情報や意見を伝えた上で、会話を発展させたり意見交換を行います。

ダウンロード
クリックで拡大

CEFRレベルA2
〜B1

Advanced

関心のあるトピックや、やや社会的な話題について、発展的な語彙・文法も用いつつ、積極的に会話を展開させる練習を行います。

ダウンロード
クリックで拡大

テキスト
執筆者
より

テキストは日常的な場面で使える
会話表現を厳選しています。

OST中・高生向けオリジナルテキスト執筆者 入江 泉

【おすすめのOST活用方法】

OSTのオリジナルテキストは、日常的な場面で使える会話表現を厳選しています。会話例は何度も口に出してスピーキング練習をするとよいでしょう。また、会話は、自分の意見を述べるだけではなく、相手の言うことを聞き取る力も必要です。講師の言ったことが聞き取れなかったとき、どんなふうに質問したらよいのか事前に練習しておきましょう。

【Speaking力を伸ばすには】

「会話力」や「コミュニケーション力」を伸ばすには、とにかく場数を踏むことです。せっかくの1対1のレッスンですので、間違いは気にしないで、時間の範囲内で、できるだけたくさん話しましょう。たくさん話せば話すほど、会話力は伸びます。「文法や表現が間違っても相手に通じる」ことを実感してください。恥をかけばかくほど、会話力は伸びます。

【OSTレッスンのワンポイントアドバイス】

各レッスンにはターゲットとなる文法事項や会話例がありますが、それらを使わなければならないと意識しすぎず、自由に話しましょう。READやPractice 2の会話例をよく読んで、該当文法がどんな文脈で使われているかを予習しておくと、授業でスムーズに会話を進めることができます。

入江 泉さん

学校英語、英会話、英文法、英単語など幅広い教材の執筆者。初級~中級英語での「使える英語」に定評がある。『スコアが上がる新TOEICテスト本番模試600問』(旺文社)、『スパイラル英語トレーニング』(The Japan Times)他、著書多数。

まずは体験受講をしてみませんか?

Benesseの「Online Speaking Training(オンライン・スピーキング・トレーニング)」は、
中学・高校の教育現場向けに特別に開発されたオンラインの英語スピーキング対策講座です。
まずは無料の体験受講をご検討ください。

体験受講の申し込み