CEFR×指導要領
「話す力」から4技能を育成する

Online Speaking Training

Homeプログラム紹介スピーキングトレーニングコース

スピーキングトレーニングコース

対象学年・レベル別の3プログラム

スピーキングトレーニングコースでは、レベル別に、次の3つのプログラムをご用意しています。

  • 小3~小6対象Pre-Beginner
  • 中1~高3対象Beginner/Basic/ Intermediate/Advanced
  • 高校生対象Advanced Plus

Pre-Beginner小3~小6対象

特徴

特徴1:
全60レッスンから選択できるカリキュラム

2020年から始まる新指導要領に沿ったカリキュラムで、2018年の先行実施単元に合わせたレッスンもご用意しています。既存のHi,friedns!の内容もカバーしているので、日々の授業で学んだ、語彙・表現の活用、定着につながります。

特徴2:
児童一人ひとりが講師に自分の考えを
無理なく伝えられるレッスン

レッスン内では授業で学んだ語彙・表現を使って児童一人ひとりが自分の考えを外国にいる講師に伝えるように促します。うまく話せない児童に対しては講師がジェスチャーやイラストカードを使いながらフォローします。

特徴3:
5・6年生のレッスンは「書く」力にも
対応したレッスンプリント付き

5・6年生用には授業の前に取り組む「レッスンプリント」をダウンロード可能です。児童が授業前に取り組むことで、レッスン内で自分の考えを伝える準備をすることが可能です。1語、1文単位から「書く」ことに慣れていける構成です。

レッスン概要

カリキュラム一覧ダウンロード

(各学年15レッスン 計60レッスン)

レッスンの基本構成

実施時間 内容
5分
Greeting
児童全員の名前を確認し、挨拶や復習をします。
10分
Activity 1
レッスンの新出表現・語彙の確認をします。
12分
Activity 2
レッスンの新出表現や語彙を使い、児童自身のことや考えを講師に伝えます。
3分
Wrap up
学習内容の振り返りをします。
追加アクティビティ
Additional activities
時間に余裕がある場合のみ、今日のレッスンの内容に関連した活動を行います。
  • 上記は1レッスンの基本構成です。学習内容によりレッスン構成は異なります。
  • 実施時間は目安です。状況により変更する場合があります。

商品概要

PC環境 上下500Kbps以上のブロードバンド環境
場所 学校
対象人数 講師1名に対し児童1名~5名
所要時間 1回あたり 30分
ご用意いただくもの
  • パソコンもしくはタブレット端末
  • ウェブカメラ、マイク
必要なソフトウェア Skype for Business
こちらからダウンロードが可能です。
教材

対象学年:小3~小6(各15回)
※合計60回から選択いただけます。

レッスンプリント:申し込み完了後に開設されるマイページより閲覧できます。

お申し込み こちらからお申し込みください。

Beginner/Basic/ Intermediate/Advanced中1~高3対象

特徴

特徴1:
中学・高校生の指導要領に沿ったカリキュラム

テキストは中学・高校の履修範囲から構成されているため、授業で学んだ語彙・文法・表現の定着につながります。場面を設定したタスクベースで、実践力を養成します。

特徴2:
国際標準規格「CEFR」に対応

語学力のコミュニケーション能力を評価する国際標準規格・CEFR(セファール)に対応。スピーキング力を「コミュニケーション」と「プレゼンテーション」の両面から鍛えます。

特徴3:
プレゼンテーションスキルを養成

全60回のプレゼンテーションに特化したPresentation Trainingでは、自分の意見をまとめるための情報整理の仕方や文章の組み立て方から指導を行います。自分の考えを的確に伝える基礎的なプレゼンテーションスキルを磨きます。

特徴4:
生徒のスピーキング力向上に役立つフィードバック

レッスン後には、生徒一人ひとりに講師よりフィードバックを行います。強みや今後の課題を振り返ることで、楽しいだけの英会話に終始することなく、生徒一人ひとりの成長につなげます。

レッスン概要

カリキュラム一覧ダウンロード

通常レッスン(全90回)

英語を使った「コミュニケーション」と自分の考えを述べる「プレゼンテーション」をバランスよく段階的に学べます。テキストは中学・高校の履修範囲から構成されるため、授業で学んだ語彙・文法・表現の定着につながります。
テーマは中学生・高校生が日常生活で遭遇しそうな場面設定ですので、興味を持って取り組むことができます。
※なお、受講の際は、下記の「扱う文法・語彙」に記載の学年に関わらず、クラスや生徒の到達度に応じて、ご希望レベルのプログラムをご受講いただけます。迷われる場合は「扱う文法・語彙」に記載がある学年より1レベル下げてご受講いただくことをお勧めします(例:中学3年生の場合は、Basicの受講からスタートされるのがお勧めです)。

  • CEFRレベル
  • 扱う文法・語彙
  • レッスン回数
  • Beginner
  • CEFRレベル:A1未満〜A1
  • 扱う文法・語彙:中1
  • レッスン回数:全30回
  • Basic
  • CEFRレベル:A1
  • 扱う文法・語彙:中2まで
  • レッスン回数:全30回
  • Intermediate
  • CEFRレベル:A1〜A2
  • 扱う文法・語彙:中3まで
  • レッスン回数:全15回
  • Advanced
  • CEFRレベル:A2〜B1
  • 扱う文法・語彙:高1まで
  • レッスン回数:全15回

テキストダウンロードはこちら

Presentation Training(全60回)

「プレゼンテーション」に特化した発展的な学習を通じて、自分の意見をまとめ、発表できるようになるための表現や方法を段階的に学べます。講師からの質問に答えながら、意見を述べるための観点を整理し、文章の組み立て方を習得できるようになります。各レッスンの最後に、講師に向かって自分の考えた意見を発表することで実践力を養います。

  • CEFRレベル
  • 扱う文法・語彙
  • レッスン回数
  • テーマ
  • Beginner
  • CEFRレベル:A1未満〜A1
  • 扱う文法・語彙:中1
  • レッスン回数:全15回
  • テーマ:「自己紹介」など
  • Basic
  • CEFRレベル:A1
  • 扱う文法・語彙:中2まで
  • レッスン回数:全15回
  • テーマ:「思い出について話す」など
  • Intermediate
  • CEFRレベル:A1〜A2
  • 扱う文法・語彙:中3まで
  • レッスン回数:全15回
  • テーマ:「ストーリーを話す」、
    「意見・理由の表明」など
  • Advanced
  • CEFRレベル:A2〜B1
  • 扱う文法・語彙:高1まで
  • レッスン回数:全15回
  • テーマ:「賛否の表明」、「課題解決」など

Online Speaking Test(各レベル×5回)

ご希望に応じて、OSTオリジナルスピーキングテストの受験が可能です(1回につき1レッスンとしてカウントします)。テスト時間は10分ほどで、残りの15分はテストに出題されたテーマに関するフリートークを行います。テスト後は、観点別の到達度と講師からのコメントをフィードバックしますので、強みや課題の振り返りができます。フィードバック内容は先生にもお知らせしますので、生徒指導にご活用ください。テストの出題内容は以下の通りです。

Part A音読(1問)
モノローグまたは説明文を読み上げる形式で、正確な発音ができているかを確認します。
Part B質問を聞いて応答する
(Beginner、Basic:3問、Intermediate、Advanced:4問)
講師からの質問を聞き取り、即座に応答する力があるかを確認します。Beginner、Basicレベルではイラストの読み取りに関する質問が、3問中2問出題されます。
Part C自分の考えを発表する(1問)
身近なテーマに対して、1分間準備をしたうえで、自分の考えとそう考える理由などを発表できるか確認します。

商品概要

PC環境 上下500Kbps以上のブロードバンド環境
場所 学校および生徒の自宅
所要時間 1回あたり 30分
ご用意いただくもの
  • パソコンもしくはタブレット端末
  • テキスト
  • ウェブカメラ、マイク
※必須ではありませんが、イヤフォンを着用するとクリアに聞き取れ、周りの生徒の声も聞こえづらくなります。
必要なソフトウェア Skype for Business
ページ右上の「マイページ」よりダウンロードが可能です。
教材

レベル:Beginner, Basic, Intermediate, Advanced の4レベル(全150回分)
※受講回数は、ご希望に応じて設定できます。レベル別ではなく、オリジナルカリキュラムでのレッスンも可能です。

Online Speaking Test:
Beginner, Basic, Intermediate, Advanced の4レベル(各5回)

※講師がオンライン上で行う10分間の確認テストです。残り15分はテストに出題されたテーマに関するフリートークを行います。
※Online Speaking Testの受験は、1回につき1レッスンとしてカウントします。

テキスト:申し込み完了後に開設される先生用・生徒用マイページよりそれぞれ閲覧できます。
※紙テキストをご希望の場合は、レッスン料とは別途費用が発生します。

フィードバック レッスン後には、講師から受講者用マイページに、フィードバックとして、観点別評価とメッセージが届きます。レッスンの振り返りにご活用いただけます。
お申し込み ページ右上の「マイページ」よりお申し込みください。

Advanced Plus高校生対象

特徴

特徴1:
日本の時事問題を取り上げたカリキュラム

テキストは、中学・高校生にもなじみのある、ニュースで見聞きする日本の時事問題を取り上げます。授業で学んだ語彙・文法・表現を活用して、テーマに対する自分の考えを述べる実践力を養成します。

特徴2:
アウトプットの質を高める6回1セット構成

1つのテーマに対して、複数の角度から取り組むことで、自分の意見を深め、アウトプットの厚みを増やす工夫をしています。

特徴3:
批判的思考力、自分の意見を言う力を養成

1つのテーマに対し、3つの異なる立場の英文を用い、レッスンの最後には、講師とのディベートを行うことで、自分の頭で考えて意見を言う力を養います。

特徴4:
スピーキング力とライティング力の融合

日本の高校生は、スピーキング力よりもライティング力の方が高いと言われています。 自分の意見を整理するために、レッスン内に、書く時間を設けています。また、最後のレッスンは、与えられたテーマについての英作文の宿題を課し、発表、ディベートをするレッスンとなっています。

レッスン概要

日本の時事問題をテーマに、6回1セットのレッスンです。
1つのテーマに対して、3つの角度から書かれた素材を扱います。レッスンの中では英文の内容理解に関する質疑・概要説明(サマリー)を通しテーマを理解し、そのテーマについての意見を引き出し、深めていく活動を行います。

1つのテーマについて、3つの素材を読む狙い

中高生にもなじみのあるテーマを扱いますが、背景知識の量が少ないと、意見を言うことも難しいものです。そのため、異なる角度から書かれた英文を読むことでインプット量を増やします。様々な意見に触れることで、気づきを与え、自分の意見をより深めることができます。また、2・3回目、4・5回目と同じ英文を使用することで、前回の復習ができることに加え、前回話せなかったことを次に話せるという成功実感を与えます。
最後には、テーマに対するディベートを講師と行うことで、そのテーマに対する自分の意見を揺るぎないものにすることができます。

CFER レベル A2上~B1
扱う文法・語彙 高3 まで
レッスン回数 全90回(15セット:各6回)

レッスンの流れ

商品概要

PC環境 上下500Kbps以上のブロードバンド環境
場所 学校および生徒の自宅
所要時間 1回あたり 30分
ご用意いただくもの
  • パソコンもしくはタブレット端末
  • テキスト(ダウンロードはこちら
  • ウェブカメラ、マイク
※必須ではありませんが、イヤフォンを着用するとクリアに聞き取れ、周りの生徒の声も聞こえづらくなります。
必要なソフトウェア Skype for Business
ページ右上の「マイページ」よりダウンロードが可能です。
教材

レベル:Advanced Plus 1レベル(全90回)
Online Speaking TrainingのAdvancedレベル(Interaction/Presentation)終了後の使用をお勧めいたします。
※受講回数は、ご希望に応じて設定できます。ただし、6回1セットとなります。6回単位でお申し込みください。

テキスト:申し込み完了後に開設される先生用・生徒用マイページよりそれぞれ閲覧できます。

フィードバック レッスン後には、講師から受講者用マイページに、フィードバックとして、観点別評価とメッセージが届きます。レッスンの振り返りにご活用いただけます。
お申し込み ページ右上の「マイページ」よりお申し込みください。

まずは体験受講をしてみませんか?

Benesseの「Online Speaking Training(オンライン・スピーキング・トレーニング)」は、
中学・高校の教育現場向けに特別に開発されたオンラインの英語スピーキング対策講座です。
まずは無料の体験受講をご検討ください。

体験受講の申し込み